FC2ブログ

- 長澤あずさ無修正動画・裏画像

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長澤あずさのアナルレイプ

散々貢がされた長澤あずさに無残に振られたとき、拓也の復讐心に火がついた。 付き合っていたのだから、何度かセックスはしたが、いつも長澤あずさに気を使うセックスだった。 こうなったら、長澤あずさをレイプしてやる。 しかも、ただのレイプではなく、アナルをレイプしてやるのだ。 長澤あずさはお高くとまっているせいか、性経験も実はそれほど豊富ではなさそうだったから、アナルは処女に違いない。 ゴミのように捨てた男にアナルを犯されたら、長澤あずさはショックだろう。 しかも、拓也とのセックスでイったことがなかったと吐き捨てたあの女にアナルセックスで感じさせるという屈辱を与えてやる。 拓也はこっそり作っておいた合鍵で長澤あずさの部屋に入り込み、長澤あずさが帰ってくるのを待った。 帰ってきた長澤あずさは隠れている拓也に気づかず、冷蔵庫にあった拓也が誘淫剤を入れておいたお茶をごくごくと飲んだ。 テレビを見ていた長澤あずさは、15分もすると、息が荒くなり、顔も紅潮しはじめた。 ころあいと見た拓也は長澤あずさの前に姿を現した。 「!トオル!アンタ、何勝手に人の部屋に入ってんのよ!?」 怒りくるって騒いでみても、男女の力の差は圧倒的だ。 後ろ手に手枷をはめられて、猿ぐつわをされた長澤あずさは悔しげに拓也をにらみつけている。 拓也は長澤あずさの下半身を裸にし、M字開脚させてロープで固定した。 アソコからアナルまで丸出しにした姿は今までの長澤あずさからは想像もできない。 「いい格好だな。記念撮影しておこうか。」 写メを何枚かとり、アソコを指でなぞった。 誘淫剤の効果でそこはぬれぬれになっていたが、自分がそんなものを飲まされたとは思っていない長澤あずさには、まるでこの状況で興奮しているように思えるだろう。 「実は、SM好きだったんだね。」 軽蔑したようにいうと、長澤あずさは首を左右に振って否定する。 「拓也とのセックスでイけなかったのは、責めがたりなかったからじゃないかなあ?」 ずぶずぶとアソコに指を埋め込みながら、クリトリスをつまんでやる。 くぐもったあえぎ声がきこえた。 膣壁を軽くこするように指を出し入れすると、アソコがひくひくわななきはじめ、長澤あずさが感じているのがよくわかった。 拓也はかばんからバイブをとりだし、アソコにゆっくりと挿入した。 スイッチを入れて、長澤あずさに快楽を与えておいて、浣腸の用意をする。 素人目にもわかるような典型的な注射器型の浣腸器を長澤あずさにみせつけるように、アナルに差し込む。 もごもごいっているのは、「イヤ」とか「やめて」とかいっているのだろう。 ちゅうっと浣腸液をアナルに流し込むと、長澤あずさは目を閉じてぶるぶると震えた。 拡張器を兼ねた太めのアナル栓をして、長澤あずさを眺める。 苦しそうな表情の長澤あずさはすがるような目で拓也をみる。 拓也はお風呂場から洗面器をとってきて、長澤あずさの前に置く。 足を固定していたロープをほどいてやり、 「自分で洗面器にしなよ。」 というと、信じられないという顔で首を振っていたが、浣腸液の力には敵わなかったらしく、自分から洗面器の上にかがみこんだ。 アナル栓をぐりぐりと動かすと、苦しそうにあごをあげて耐えている。 栓を抜いてやると、すぐに大量のウンコと浣腸液がとびだした。 軽蔑していた男の前で、脱糞させられるという屈辱で呆然としている長澤あずさをつれてお風呂場に行き、アソコに入れっぱなしだったバイブを抜くと、大量の愛液があふれだした。 「こっちも洪水だな。」 冷やかすようにいっても、抵抗する気力もなくなったらしい。 猿ぐつわと後ろ手の手枷をしたまま、下半身にシャワーをかけ、アナルに指を入れて、中をていねいに洗う。 長澤あずさはされるがままで、バスタオルで拭かれて、ベットに連れて行かれるときも従順だった。 キレイになったアナルにローションをたっぷりとつけた細めのバイブを入れて、ゆっくりと出し入れする。 うつぶせにされて、お尻だけを高く突き上げたかっこうの長澤あずさは気持ちよさにお尻を左右に振る。 猿ぐつわをとっても、その口から出てくるのはあえぎ声だけだった。 アナルから細めのバイブを抜くと、もっと太いバイブを入れてやる。 アナルの中でバイブが左右に首を振るたびに、長澤あずさの嬌声が響く。 「あ・・・はあ・・・やだぁ・・・。」 「アナルが感じる淫乱だって、教えてくれたら、ちゃんとアナルを中心に攻めてあげたのに。」 「ちが・・・うん・・・あっ・・・。」 「素直にほしいっていわないと、やめちゃうよ?」 拓也がバイブをアナルから抜くと、お尻を高くあげた体制のまま、長澤あずさは物足りなげに拓也をみつめる。 「ちゃんとおねだりできないと、朝までそのままだよ?」 誘淫剤がきいている長澤あずさは中途半端な状態で放置されているこの状態に耐えられなかったらしい。 「お・・・ねがい・・・イかせてぇ・・・。」 「拓也、バカだから、長澤あずさがどうしたらイけるか、わかんないや。教えてくれない?」 空々しくとぼけてみせると、うつむいた長澤あずさは、 「アナタのペニスを私のアソコに入れて・・・。」 と小声でいった。 拓也は長澤あずさを押し倒すと、ローションまみれにしたペニスをアナルに入れた。 「いや・・・そこは違う・・・。」 「でも、ひくひくして、歓迎してくれてるぜ。」 じわじわと奥まで入れ込み、また引き抜く。 何度も繰り返すうちに、長澤あずさもよくなってきたらしい。 「やだぁ・・・ヘンな感じ・・・はあ・・・あん・・・。」 激しい抽送を繰り返しているうちに、長澤あずさの腸壁がきゅうっとしまり、長澤あずさがイったのがわかった。 「イったか?」 ときくと、こくこくとうなづく。 拓也はさらに激しくピストン運動をして、長澤あずさのアナルに精液を吐き出した。 こうして、拓也の復讐は完遂されたのだった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。